ショッピングリボ払いを数か月滞納してしまったら債務整理を検討しよう

ショッピングリボ払いを数か月滞納してしまったら債務整理を検討しよう

20view

2019.01.10

 
 
 
 

 
 
 
 

ショッピングリボ払いの借金が大きくなり、完済をするのが難しい場合は、債務整理することをお勧めします。なぜなら適切な債務整理をすると、借金の利息を支払わなくてもよくなったり、借金自体を減額して貰ったりできるからです。いつまで続くか分からない借金で苦しむのなら、債務整理をして返済計画を立て、心身共に楽になりましょう。

 
 

ショッピングリボ払いには注意が必要

 
 

ショッピングリボ払いは月々の返済額が一定なので、家計への負担にならず、とても便利な方法に感じられます。実際、どうしても欲しい物がある時に、計画性をもって活用するならとても助かる返済方法です。しかし、借金がかさむとリボ払いはだんだん負担が増していき、利子を支払うだけで精一杯になることがあります。一般的にリボ払いには年率15%ほどの金利がかかり、この利息が思った以上の金額に膨れ上がるのです。ショッピングリボ払いを利用した時には、その借金を完全に返すことが大事です。
 
 

特に危険なのが、毎月一定の返済額だからと残っている借金を気にせずに、新たにまた借金を背負うことです。こういった借金を増やしていくと、毎月の返済額がすべて利息分の支払いに充てられ、借金の残額が全く減らない事態に陥るようになるのです。結局、いつまで経っても借金を完済できなくなります。そういった借金を何社分もかかえ、途方に暮れているのなら債務整理を検討しましょう。月々の返済額を減額できる可能性があるからです。

 
 

債務整理の4つの種類について知っておこう

 
 

債務整理には次の4種類があります。
 
 
 
 
・任意整理
 
 

・特定調停
 
 

・個人再生
 
 

・自己破産
 
 
 
 

任意整理をすると、将来の利息分を0にすることができます。残った元金のみを、分割して支払えばよくなります。これにより毎月の返済額が減り、借金完済までのゴールが明確になります。特定調停は、債権者1社あたりの費用が500円と割安で、借金を減額できる可能性もある債務整理の方法です。弁護士が間に入らず、裁判所が債権者との仲介役になります。個人再生は、任意整理よりも借金を減額できる可能性のある債務整理の仕方です。この方法は、しっかりとした収入があり、きちんと借金の残額を返済できる見込みのある人ならば、とても有効な債務整理だと言えます。自己破産は謝金をすべて0にできますが、デメリットも大きい方法です。

 
 

 
 

債務整理のメリット

 
 
債務整理のメリットには次のようなメリットがあります。
 
 

・毎月の返済額を減らせる
 
 

・借金の取り立てがストップする
 
 

・借金返済の計画が立てられるので将来への不安が減る
 
 

債務整理をすると借金総額や利子を減らせるので、毎月の返済額を少なくできます。同じ金額だったとしても、利子で引かれずに全額が借金の返済に充てられるので、借金完済の道筋が見えてきます。また、債務整理を開始した時点で、借金の取り立てがストップします。精神的に安定して暮らせるようになるというわけです。また、借金を返せるという安心感が生まれるので、将来に対する不安も減少します。”

 
 

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

債務整理のデメリット

 
 

債務整理には、次のようなデメリットがあります。
 
 

・信用情報がブラックになる(ブラックリストに載る)
 
 

・自己破産の場合はさらに、財産の没収や資格制限などが科せられる
 
 

債務整理をすると、その情報が長期滞納と同じように信用情報機関に登録されます。この時点からブラックリストに載せられてしまうので、新たにローンを組めず、クレジットカードも作れなくなります。ある程度の期間(5年~10年)が過ぎればまたローンを組んだりできますが、それまでは金融機関からの借金はできません。自己破産の場合には、さらに厳しい制限が付きます。まず財産が没収され、資格によっては手続きが完了するまで仕事ができません。また、官報で公告されます。”

 
 

少しでもゆとりを持って借金を返せるように

 
 

債務整理をすると、信用情報がブラックになります。しかし、ショッピングリボ払いの支払いを数か月滞納しても、同じようにブラックリストに載せられてしまいます。ですので、支払額が大きくなり利息分を支払うだけで精一杯になったのなら、早めに債務整理を開始することをお勧めします。債務整理をすることで、借金完済の目途が立ちますし、精神的にも楽になるからです。残りの人生を、ゆとりを持って過ごしましょう。

 
 

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る