無理なく借金を減らす方法

無理なく借金を減らす方法

167view

2018.07.14

 
 
 
 

 
 
 
 

借金がなかなか減らずに悩んでいる人は、現在の生活を見直してみましょう。いつまでも同じ生活を続けていては、借金が減るどころが増える可能性もあります。
債務整理をしなくても、借金を減らす方法はたくさんあるので、まずはできるところから努力を始めましょう。毎月少しずつ努力をするだけで、将来の負担を軽くすることができます。

 
 

収入を増やす

 
 

借金を減らす方法として一番効果的なのは、収入を増やすことです。収入さえ増えれば、毎月の返済額も上がり、着実に借金を減らしていくことができます。
ただし、借金を減らそうとしてギャンブルに手を出すのやめましょう。ギャンブルで一発逆転を狙おうとしても、失敗したらさらに借金が膨らむことになります。毎月安定して稼ぐ方法を見つけることが大事です。収入アップを目指して転職活動することもいいですが、転職が無理な場合は残業や休日出勤などを増やして、収入を増やす努力をしましょう。
休日に短期アルバイトをするのも効果的です。短期アルバイトなら未経験でもできる仕事が多いので、手っ取り早く稼ぐことができます。日雇いバイトなら面接不要の場合が多いので、すぐに働いてその日のうちにお金を貰うこともできます。
 
 

本業以外に時間があるなら、副業に取り組んでみるのもいいでしょう。最近は株式投資やネットオークションなど様々な副業があるので、自分の特技を活かして収入を得ることもできます。公務員の場合、副業は認められていませんが、株式投資や不動産投資であれば許可なしに副業として始めることができるので、収入を稼ぐ情報を集めてみましょう。
ただ、副業やアルバイトに力を入れすぎるのは禁物です。睡眠時間を削ってまで無理をして働こうとすると、体に負担がかかってしまいます。いきなり仕事を増やすと疲れてしまうので、まずは無理のない範囲で収入を増やす努力をしてみましょう。時間管理や体調の管理ができるようになったら、仕事を増やしてみるといいでしょう。
 
 

節約する

 
 

無駄な出費を抑えて、浮いたお金を借金の返済にあてれば、借金も徐々に減らしていくことができます。
借金を抱えている人は、必ずどこかに大きな出費があるはずです。自分の生活を見直すいい機会でもあるので、どこに問題があるかチェックしてみましょう。電話代やショッピング代など、支出の多い部分は人によって異なります。借金が減るまで我慢する必要がありますが、今頑張らないと将来さらに苦労を強いられることになります。最近は格安スマホなども登場しているので、このようなスマホを利用して、毎月の携帯電話料金を節約してみるといいでしょう。
 
 

電気代や水道代を減らすことはできないので、他の出費を減らす努力をしましょう。
住まいにこだわりがないのであれば、家賃の安い物件に引っ越しましょう。安い家賃でも快適に過ごせる物件は多数あります。駅から離れたエリアであれば、駅近物件に比べて相場も安くなるので、住まいのレベルを落とさずに家賃だけ安く抑えることができます。築10年以上が経過した物件であれば家賃も下がってくるので、中古物件を狙ってみるのもいいでしょう。駅近や新築にこだわらなければ、安くても良い物件はたくさん見つかります。物件を探す時間がないのであれば、不動産会社に相談してみるのもいいでしょう。自分の希望条件を伝えておけば、不動産会社が希望に沿った物件を探し出してくれます。

 
 

繰り上げ返済をする

 
 

借金を減らしたいなら、なるべく早く返済するしかありません。
毎月の返済額を減らしたほうがお得な感じもしますが、実際はその逆です。毎月の返済額が少ないと返済期間も延びてしまい、利息が増える一方です。
繰り上げ返済をすれば、その返済額は元金に当てられるため、利息を減らすことができます。利息が減れば、トータルで支払う返済額を少なく抑えることができ、結果的に借金返済の負担を減らすことができます。
借金を抱えた時点で、借金返済を最優先させることが大事です。臨時収入があれば、必ず借金の返済に回しましょう。余裕があるうちに借金返済をしておけば、完済日も早くなり、借金に悩むこともなくなります。毎月の返済日を待つのではなく、ATMなどを利用して自主的に返済していきましょう。1,000円でもいいので、お金に余裕ができたら借金の返済にまわす努力が大事です。借金を返済する癖がつけば、完済できる日も近くなります。
 
 

おまとめローンを利用する

 
 

借金をいち早く返済するには、利息を減らすことが大事なポイントになります。
複数の金融機関から借金をしているのであれば、1社にまとめた方が金利が低くなります。金利が低くなれば、今後支払っていく利息を削減することができるため、負担も少なくなります。

 
 

借金をまとめれば返済日も1日にまとまるため、お金の管理も楽になり、手間がかかりません。借金を完済するまで時間がかかりそうな場合は、早めに借金をまとめておくといいでしょう。
たとえ1%の差であっても、利息が減るのであれば、おまとめローンの利用を検討してみましょう。ちょっとした努力でも、積もれば大きな金額となります。今のことだけを考えるのではなく、将来の負担ことを考えて利息を減らすことが大事です。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

新たな借金をしない

 
 

借金の返済に困ると、新たに借金を作ってしまう人がいます。その場しのぎで借金を増やしてしまうと、将来の負担が増える一方です。近い将来収入が増える見込みがあれば大丈夫ですが、収入が増えずに借金だけ増えれば、当然ながら返済が難しくなってしまいます。
 
 

まずは、新たな借金をせずに返済できる方法を考えましょう。無駄な出費を控えて、借金の返済を最優先に考える必要があります。自分の意識が変われば行動も変わってきます。
借金はあまりにも簡単に借りることができるため、返済することも大した問題ではないと捉えがちです。まずは意識改革をしなければなりません。「新しい借金はしない」と心に決めて、地道な努力を始めましょう。借金の返済が難しいということがわかれば、「二度と借金をしたくない」と思えるはずです。
 
 

新たな借金をつくらないためにも、物を買わずに貯金をする努力をしましょう。少しずつでも貯金をしていけば、いざというときに借金をせずに済みます。
借金で身動きできない状態でも、焦らず着実に借金を減らしていけば、借金の残高も確実に減っていきます。借金が減っていることを喜べるようになれば、毎月節約することも苦にならなくなります。借金の返済を続けていくと利息が減るため、元金返済分だけが増えて、返済も加速し始めます。借金返済を続ければ必ず楽になる日がきます。その日のためにも、新たな借金には手を出さないように注意しましょう。
 
 

まとめ

 
 

まずは借金の総額を把握して、返済計画を立てましょう。借金を完済するには地道な努力が必要になりますが、焦らずきちんと返済していけば、必ず楽になる日が訪れます。
借金がいつまでも減らないようであれば、これまでの自分の生活を見直して、意識改革を行いましょう。借金があるうちは、臨時収入があっても借金の返済を最優先すべきです。借金を減らす重要性がわかれば、自ずと生活スタイルも変わってきます。
借金を減らす努力は、決して無駄なことではありません。これまでのお金の使い方を見直すいい機会にもなります。頑張れば頑張っただけ、完済したときの喜びも大きくなります。ゴールが見えてくると借金を返すのも楽になるので、まずは地道な努力から始めてみましょう。
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る