知らない間に損をしているショッピングリボ払いとは

知らない間に損をしているショッピングリボ払いとは

466view

2018.08.14

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カードローンやクレジットカードのキャッシングサービスなど、現金が簡単に借りられるサービスは充実してきています。これらのサービスは審査基準が比較的甘く、早ければ即日の借り入れが可能ということも人気の秘密です。しかし利用上の注意点もいくつかあり、中でも「リボ払い」返済については気を付けなければなりません。ここでは借金の返済方法や困った時にどうしたら良いのかなどを説明します。

 

お金を借りるサービスは身近なものになっています

 

借金と言うと保証人や担保が必要だったりで、なんだかダークなイメージを持っている人もいるかもしれません。確かに住宅ローンやマイカーローンなどの大口融資を受けるには保証人や担保が必要ですし、借り入れを受けるための審査も厳しくなります。また、一昔前の一部の金融業者ではグレーゾーン金利と呼ばれる高い金利での貸し付けを行ったり、厳しい取り立てを問題視されたりした時期もありました。

 

しかし最近では、誰でも気軽にお金を借りられるキャッシングサービスたくさんできています。有名なところでは、銀行系のカードローンや信販会社系のクレジットカードによる借り入れ、さらにグレーゾーン金利が撤廃されてからクリーンに生まれ変わった消費者金融などがキャッシングサービスの提供を行っています。

 

キャッシングサービスの特徴は、大型ローンなどの大口融資とは違い1万円~50万円ほどの小口融資で、正社員や公務員であれば比較的簡単に審査を通過することができます。さらに、アルバイトをしている学生や正社員の夫を持つ専業主婦など、大口融資では審査を通過することが難しかった人たちも審査通過がしやすいことが特徴です。

 

保証人や担保は不要で早ければ申し込みから2~3時間で現金を手にすることも可能です。なぜここまで借り入れのハードル設定を低くしているかと言うと、小口融資は大口融資に比べて金利を高く設定しており、できるだけ早く元本の回収をすることで貸し倒れリスクを抑えているのです。金利が高いとはいえ審査基準が甘くいつでも簡単にお金を借りられるキャッシングサービスの需要は高く、従来の借金のイメージを覆した感があるのは事実と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

選べる返済方法も人気の秘密

 

さらにキャッシングサービスの人気が高まっている理由の一つに、返済方法の選択肢が多いことにあります。中でも多くの人に選ばれる返済方法が、一括払い・分割払い・リボ払いの3種類です。まず一括払いは、その名の通り全額を一括で返済する返済方法です。小口融資は大口融資に比べて金利が高く設定されているため、基本的には一括払いでの返済がおすすめです。金融会社によっては「初めての借り入れの場合30日間無利息」などのサービスを実施しているところもあり、賢く利用すれば余計な利息を支払わなくて済む場合もあります。

 

次に、借金を数回に分けて返済する方法で、分割払いとリボ払いがあります。意外と知られていませんが、この2つの返済方法は借金を数回に分けて返済するという意味では似ていますが、実は全く異なる返済方法になります。まず分割払いは、一回の借入額ごとに返済回数を決めて返済していきます。例えば10万円を借りて10回に分けて返済する場合、返済額は毎月1万円と利息になります。さらに追加で10万円を借りて同じく10回払いの返済にすると、前回分の返済額と合計して毎月2万円と利息を返済していくことになります。

 

このように分割払いの場合は借金をする度に毎月の返済額は増えていく仕組みになっています。一方リボ払いは、毎月の返済額を決めて返済していきます。これは借金の総額がいくらになっても返済額は同じと言う意味で、分割払いのように借金をするたびに返済額が高くなるということはありません。ただし利息は借金の総額に対してかかるので、借金額が増えれば増えるほど毎月支払わなければならない利息も増えることになります。

 

リボ払いのメリットとデメリット

 

毎月の返済額が変動しないリボ払いは、考え方によっては返済プランが立てやすい便利な返済方法と言えます。家賃や光熱費、携帯料金のように、毎月の固定費として計算しやすいので、この月だけ急に返済額が増えて苦しくなるということは防げます。しかしリボ払いの「毎月の返済額変動しない」ことは、利用方法を誤れば大きなデメリットになることもあります。

 

一番よくあるのが、いくら借金をしても返済額が変わらないので、借金の総額を把握しづらくなるという点です。無計画に借り過ぎてしまうことにより、気が付いたら限度額いっぱいまで借金が膨らんでいたなんてことにもなりかねません。

 

そしてもう一つのデメリットとして、リボ払いでの返済期間中は、金利の高いカードローンやクレジットカードの利息を払い続けていることに点です。リボ払いの最低返済金額は1万円ほどですが、借金の総額が膨らんでしまうと利息だけでも数千円払わなければならないこともあります。毎月しっかり返済しているつもりでも、元本はほとんど返済できていないという事態もあり得るのです。

 

リボ払いでの返済を考えている人は、無計画に追加で借金をすることは控えましょう。便利なサービスだからと安易に考えていては、後々取り返しのつかないことになったり、余計な利息を払い過ぎて損をしてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

苦しいリボ払い地獄から抜け出すには

 

リボ払いで返済を続けると損をしてしまうと分かっていても、一括払いや分割払いでの返済が難しい人はいると思います。そんな人にお勧めな方法が、債務整理の一つである任意整理手続きの利用です。任意整理は自己破産や民事再生のデメリットを回避しながらも、返済額を減らしたり将来利息のカットができたりする手続きです。

 

まず、消費者金融やクレジットカード会社の中には、過去に利息制限法の上限金利を上回る金利で貸し付けを行っていた業者があります。これは利息制限法と改正前の出資法の上限金利の差を利用した方法で、改正前の出資法の上限金利は利息制限法の上限金利より高く設定されていました。この2つの差の金利こそが前述したグレーゾーン金利であり、法改正後の現在では利息制限法と出資法の上限金利は同一になりグレーゾーン金利は事実上撤廃されています。

 

借金をした人の中には過去のグレーゾーン金利を用いた計算で利息を払い続けている人もおり、このような人達は任意整理をすることで利息制限法の上限金利に引き下げて計算をし直してもらうことができます(引き直し計算)。引き直し計算をした結果、払い過ぎた利息分を元本に充てて残りの借金額を減額したり、すでに完済しているにも関わらず払い過ぎている利息がある場合は過払い金請求によって過払い金を取り戻せる可能性もあります。

 

任意整理をすれば完済の目処が立ち、先が見えない借金地獄から抜け出すことも可能です。また、督促状や督促の電話などもストップするので、精神的なストレスからも解放されるというメリットもあります。しかし任意整理にもいくつかのデメリットがあり、まず個人信用情報に自己記録として記録されることになります。いわゆるブラックリスト状態になるということです。ブラックリスト状態になると、住宅ローンやマイカーローンなどの各種ローンが組めなくなってしまいます。さらに、任意整理後5年間は新規のクレジットカードを作ることもできなくなります。

 

まとめ

 

急な出費の際に頼りになるキャッシングサービスも、返済計画が立てやすいリボ払いも、賢く活用すればとても便利なサービスです。しかし無計画に利用することで思わぬ落とし穴が待っている可能性もあります。そんな時は一人で悩まず、どうすれば一番自分にとってメリットが大きいか専門家に相談してみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る