ブラックリストは大丈夫?任意整理後の生活への影響について知ろう!

ブラックリストは大丈夫?任意整理後の生活への影響について知ろう!

27view

2018.12.04

 
 
 
 

 
 
 
 

借金などの負債を抱えている方の中には、これから任意整理を検討しているケースもあるはずです。しかし法的な清算手続きとは異なり、あくまでも私的な手続きで債権者側と直接交渉するため、債務者の方にとっては何かと不安かもしれません。また任意整理後にブラックリストに載ることで、様々なシーンで生活への影響も考えられます。そこで、任意整理後の生活への影響を踏まえながら、ここでは任意整理を詳しく見ていきましょう。

 
 

そもそも任意整理って何?素人でも可能なの?

 
 

任意整理とは、債務者の経済的再生や清算を図る際に、公的な手続きを利用せずに債権者と私的に直接交渉し、財産関係の処理を目指す手続きをいいます。任意整理においては、法的倒産手続のように裁判所といった公的機関が介在することなく、あくまでも債権者と債務者の当事者間の協議によって手続きが進みます。
 
 

したがって債務者としては、交渉や手続きの際に必要になる、法的な知識あるいは経験が求められます。とはいえ、法律や金融の素人である債務者が、プロの債権者と交渉をするのは困難を極めるため、通常では弁護士や認定司法書士などへ依頼するケースがほとんどです。また実務の現場でも、消費者金融やクレジット会社あるいは銀行などの債権者側が、任意整理を希望する素人の債務者本人を相手にすることはほとんどありません。やはり代理人である弁護士や認定司法書士といった、法律専門家が直接交渉にあたることになります。ただし債務者は財産関係の当事者である以上、任意整理について必要最低限の知識くらいは、あらかじめ抑えておくのが無難でしょう。

 
 

任意整理にはどんなメリットがあるの?

 
 

任意整理においては、公的な手続きを利用する場合と比べ、当事者間で柔軟に財産関係を処理できるので、交渉や協議次第では様々なメリットがあります。まず1つめは、時間的なメリットです。先述したように、任意整理では裁判所のような公的機関が介在しません。このため当事者同士で自由に日程を調整して、交渉や手続きの期間を短縮することが可能です。また裁判にかかる費用も不要なので、経済的にも負担が少なく済みます。
 
 

2つめのメリットは、将来利息をカットできることです。将来利息とは現時点で払い続けている利息分を指しますが、これを交渉次第でカットすることができます。毎月の支払いには必ず利息分が上乗せされるので、債務者にとっては大きなメリットと言えるでしょう。3つめの遅延損害金のカットも、返済が遅れている債務者にとっては大きなメリットです。交渉次第で遅延損害金を減らせれば、返済のための資力に余裕がない時には、とても助かります。
 
 

最後に4つめのメリットは、長期の分割返済ができることです。もちろん債権者側との交渉次第ですが、3~5年あるいはそれ以上に延長して、長期の分割返済が可能になることがあります。返済期間が伸びることで、債務者は余裕のある返済計画に基づきながら、ゆとりをもった生活を送ることが可能になります。

 
 
 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

任意整理をすると、生活にどんなリスクがあるの?

 
 

任意整理後の生活への影響が気になるところですが、基本的にはこれまで通りの生活を送ることができます。任意整理はあくまでも当事者間による私的な手続きなので、法的破産手続きのように官報に名前が載って、世間に知られるようなことはありません。また自己破産をした場合のように、特定の職業への就職を禁じられたり、国家試験の受験資格などで制限を受けることもありません。
 
 

その一方で、任意整理をすると生活に影響を及ぼす点があるのも事実です。それはローンを組めなかったり、クレジットカードが作れないなど、新たな金融サービスを受けることが困難になってしまうことです。通常、任意整理をすると、信用情報機関には事故情報として登録されます。これがいわゆる、世間でブラックリストと呼ばれるものです。この事故情報については、信用情報機関の会員である銀行や消費者金融などの業者が照会することで、顧客に対する様々な審査等に利用します。
 
 

したがって、任意整理をすることで個人信用情報に傷がつくと、借入やローンの審査などに通らなくなり、金融サービスに関する様々なシーンで支障が生じてしまうのです。そのため任意整理した後の生活では、高額な買い物をしたい時でも、現金による一括払いが基本になるので注意が必要です。なお事故情報が抹消されるのは、完済から5~7年がひとつの目安とされています。

 
 

ブラックリストのことも踏まえながら、任意整理後の生活への影響を十分に理解しておこう!

 
 

ここまで見てきたように、任意整理には債務者にとって幾つものメリットがあります。その反面、任意整理後にはブラックリストと呼ばれる事故情報が信用情報機関へ登録されるため、新たな借入やローンが組めないなど、金融サービスに関する様々な支障が生じてしまうことがあります。任意整理を利用する場合には、あらかじめこれらの点を十分に理解しておくことが、後々の生活リスクを避けるためにも肝心です。

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る