モビットで借金返済滞納・支払催促無視をして訴訟を起こされた場合の強制執行・財産差し押さえを回避する方法

モビットで借金返済滞納・支払催促無視をして訴訟を起こされた場合の強制執行・財産差し押さえを回避する方法

29view

2018.11.22

 
 
 
 

 
 
 
 

借金のことで突然裁判所呼び出しを受けたら、どうしたらいいのでしょうか。放っておくと、強制執行・財産差し押さえをされてしまいます。
数あるローン会社の中でも、モビットはすぐに訴訟を起こしてくると言われています。
訴訟を起こされたらどうなるのか、万が一借金返済督促状無視をしたらどうなるのか、訴えられる前に対処する方法などをまとめました。

 
 

借金のことで裁判所呼び出しを無視するとどうなるのか

 
 

そんなに多額でなくても、ローン会社から少しずつ借金があり、トータルで支払いが厳しくなることもあるでしょう。中でもモビットは対応が厳しいことで知られているようです。
一定期間借金を滞納すると、まず貸金業者から電話やハガキで「法的手段をとります」というような通知が来ることが多いようですね。その後、業者から、内容証明郵便による「一括請求」の督促状が届くのが一般的な流れです。
書状は最初のうちは丁寧な文面ですが、数回応じないと、徐々に厳しい文面になっていくようです。
 
 

それを無視し続けると、最終段階として裁判所から督促状が届くのです。そして裁判所呼び出しがなされることになります。
借金に関する裁判で、どうせ負けるからと言って、無視したり欠席したりするのは立場を余計に不利にすることです。
万が一、裁判所からの督促状が届いてからも、2週間以上無視を続けていますと、裁判で負けます。そして、強制執行・財産差し押さえが実行されてしまいます。これが借金返済督促状無視の結末なのです。
 
 

原則的には、ローン会社に対して借金をしている方は、いったん裁判を起こされたら絶対に負けてしまいます。その上、裁判所に異議さえ申し立てないと、無条件で自身の負けを認めることになり、相手の言い分が全て通る形になります。
具体的には、生活に必要なものを除く全ての資産・車・家・預金が差し押さえられ、車や家などは競売にかけられてしまうようです。
さらに給与所得者の場合、裁判所を通じて、消費者金融側の弁護士が給料差し押さえの警告をしてきます。会社にも債務を抱えていることが分かってしまうのです。

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

借金の未払いで訴えられた場合の相談窓口とは

 
 
ローン会社に訴えられた場合の相談口は必要でしょう。法律についての知識がないと、裁判所でも相手の言いなりになってしまい、自分にとってかなり不利な形で和解をさせられることになってしまうからです。
貸金業者に裁判を起こされた後の流れとは以下のようなものです。
仮にきちんと裁判に出席したとしても、借金をしていたら、負けてしまいます。裁判所を通して話し合いが行われる訳ですが、ほとんどは分割払いで返済をしていくような結果になることが多いようです。
 
 

しかし、和解の内容によっては、利息や遅延損害金を含めての借金返済になるので、今まで以上に返済が苦しくなることもあるようですよ。
また、実際に裁判になったとしますと、色々な書類を作成する必要も出てきます。証拠の申し出に関わる証拠説明書・文書提出命令申立書など、法律に知識が無いとわからない書類ばかりです。
提出の仕方にはきちんとしたルールもあります。書類作成には、かなり専門的な法的知識が必要になってくるようです。
さらに、裁判所で話し合ったとしても、業者側が強制執行・財産差し押さえを要求してくることもあるのです。
 
 

相手はこういった裁判事例に慣れている上、自身の弁護士も抱えています。法律の素人が太刀打ちできるものではないようです。
大事になる前に法律事務所に相談していれば、書類の書き方や裁判所への提出も不安なく出来ますね。弁護士は訴えられた場合の相談窓口です。
加えて、何より、不利な条件での和解を望まないのであれば、弁護士に債務整理の相談をすべきでしょう。
訴えられる前に対処する方法としても、法律事務所への法律相談等をおすすめします。

 
 

裁判所呼び出しは、強制執行・財産差し押さえに繋がる!それが借金返済督促状無視の結末

 
 

例え裁判所呼び出しの通知が届いても、無視し続けることが出来れば、借金を払わなくても済むのではないかと考える人もいるかもしれません。
しかし、裁判所からの呼び出しを無視し続けると、強制執行・財産差し押さえをされてしまいます。これが、借金返済督促状無視の結末なのです。
訴えられる前に対処する方法として、弁護士に相談することをおすすめします。法律事務所は訴えられた場合の相談窓口なのです。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る