キャッシング・リボ払い・カードローンの借金地獄に陥った場合の解決方法

キャッシング・リボ払い・カードローンの借金地獄に陥った場合の解決方法

43view

2018.10.11

 
 
 
 

 
 
 
 

カードローンを使い過ぎてしまい利息の支払いだけで元金が全く減らない状態になってしまった際の解決方法をまとめています。債務整理の手続きを行う事で生じるメリットやデメリットなど、現在の収入や借金の総額によって債務整理の手続きは異なります。まずは弁護士事務所などの無料相談を利用し現在の自分にあった方法を探しましょう。

 
 

債務整理の種類と任意整理について

 
 

カードローンのキャッシングやクレジット払いなどで借金が膨らんでいき、返済が不可能になった際には債務整理の手続きなどが有効です。債務整理は現在抱えている借金の減額や利息のカット、または返済義務の免除などを裁判所を通して行う手続きになります。この債務整理には大きく分けて「任意整理」と「個人再生」そして「自己破産」の3つです。

 
 

この3つにはそれぞれ特徴があり、手続きの方法や必要な書類、期間、借金の減額率などが異なります。任意整理は、個人再生や自己破産と比べると借金の減額が少ない手続きになりますが、この3つの中でもっとも利用されている手続きになります。この任意整理がもっとも利用されている理由は、デメリットも比較的に少なく手続きが簡単であるからです。

 
 

任意整理は弁護士を通して債権者との和解交渉を進めていき、督促のストップなども行える為、精神的にも楽になります。そして和解交渉が上手くいけば利息のカットを行い、元金を返済していきます。一般的には約3年間の間に完済できる様に返済プランを組み直す事になります。この様に借金に対しての問題解決を行う方法としては基本的に、債務整理が選択されています。

 
 

個人再生とは

 
 

個人再生は裁判所を通して債務を減額させる債務整理の1つであり、具体的には裁判所に申立書の提出や手続きを行い借金の減額を行います。そして減額された借金を3~5年の間に支払う事ができれば残りの借金が免除されます。基本的には5分の1まで借金が減額されますが、借金の総額や収入などによって異なるので注意しましょう。この個人再生の申請を行うにはいくつかの条件を満たしている必要があります。

 
 

まず、将来的に断続して安定した収入があり、再生計画に沿った返済ができる事、債務の総額が5000万以下である事、過去7年以内に債務整理を行っていない事が条件になります。個人再生は任意整理と比べると減額できる金額は大きくなります。この様に一番のメリットは現在の借金を大幅に減額できる事です。さらに住宅などの一部の財産も残す事もできます。もし住宅ローンの支払いが終了していない場合であっても「住宅ローン特例」を利用する事により、個人再生の手続きの期間中であったとしても、残りの住宅ローンの支払いを続ける事ができます。この特例を利用する為には、条件があります。まず本人名義で所有している、さらに本人が現在居住している事です。

 
 

自己破産とは

 
 

自己破産は裁判所を通して現在ある借金の支払いが不可能と認められ、免責が許可される事により、税金などを除く全ての債務の支払い義務が免除される債務整理の手続きの1つです。つまり借金がゼロになる手続きになります。この手続が開始されると同時に債権者からの給料の差し押さえや、督促などがストップします。しかしこの自己破産には大きなデメリットもあります。まず、手続きが終了してから約5~10年の間は信用情報に事故情報として登録されます。いわゆるブラックリストに名前が載る事になります。

 
 

この情報が載っている5~10年の間は借入やローンを組む事、そして新たにクレジットカードの作成を行えなくなります。つまり、借金の返済義務が免除される代わりに生活の一部に制限がつきます。さらに政府が発行している「官報」にも債務整理の内容と名前、住所が記載されます。その結果一部の職業に就けなくなるなど、様々なデメリットがありますが、上手くいけば借金がゼロになるという大きなメリットもあります。

 
 

借金が返済できない場合のペナルティーについて

 
 

借金の返済ができない場合のデメリットとしては、遅延損害金や遅延利息が現在の支払いに対して加算されてしまいます。この金額は利用しているカードローン会社によって異なります。さらに返済の督促などが自宅に届くようになり、信用情報機関に登録されます。さらにこの督促などに応じない場合にはカードローン会社の社員が自宅に訪問する場合もあります。収入がある場合には給料の差し押さえなどによって職場に借金をしている事がバレてしまう恐れもある為、返済が遅れる場合には必ずカードローン会社に連絡しましょう。もし返済の目処が立たない場合には債務整理を行う事で借金の減額や利息のカットなどが行えるので一度弁護士事務所などの無料相談などを利用してみましょう。

 
 

 
 

 
 

借金の返済に困ったら

 
 

カードローン地獄のもっとも一般的な解決方法は債務整理を行う事です。債務整理を行う事で現在の借金の減額、または利息のカットを行える為、返済が楽になります。さらに督促などもストップする為、精神的にも楽になるなどのメリットがあります。しかし債務整理を行う事で信用情報に傷がつくデメリットもあるので弁護士事務所などの無料相談などを利用して自分にあった債務整理の方法を把握する事が重要になります。

 
 

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る