危険な悪徳消費者金融・通称「闇金」かどうかを見分ける方法

危険な悪徳消費者金融・通称「闇金」かどうかを見分ける方法

259view

2018.10.24

 
 
 
 

 
 
 
 

お金に困った時に消費者金融を利用しようと考える人もいるでしょう。その際、その消費者金融が悪徳な業者かどうか考えて利用していますか。もし何も考えずに利用してしまったら、後から後悔するかもしれません。闇金と呼ばれる悪徳消費者金融に捕まってしまったら、借金地獄へと転落してしまう可能性もあります。今回は、悪徳かどうか見分けるポイントをご紹介していきます。

 
 

連絡先が携帯電話番号は悪徳消費者金融の可能性が高い

 
 

消費者金融と一言で言っても、メディアなどで見掛ける大手業者以外は悪徳かどうかを見分けるのが簡単ではありません。特に悪徳であればあるほど対応が丁寧であることが多く、利用しやすい雰囲気があります。お金に困った時、どこで借入をしようか悩むことがあると思いますが、真っ先に思い浮かぶのは大手消費者金融でしょう。ただ、身近になかったり、以前借入を断られているなどがあれば街金と呼ばれる中小企業に行くしかありません。

 
 

街中を歩いているとポケットティッシュを貰うことがありますが、消費者金融のチラシが付いているものもあるでしょう。そのチラシには誰にでも借入できるようなことが書かれていて、利息に関してもかなり低く設定されています。悪徳消費者金融かを見分ける一つ目のポイントがそのチラシにあります。チラシには住所と連絡先が書かれているのですが、その連絡先が携帯電話番号である場合、悪徳消費者金融である可能性が極めて高いと言えます。固定電話を持たないということは、何かあればすぐに逃げられるようにしているということです。住所に関しても同様でレンタルオフィスを借りているだけの可能性がとても高いのです。このようなチラシを見た際には、「闇金だ」と判断し、利用しないようにしてください。

 
 

ブラックリストでも借入OKは嘘

 
 

ブラックリストになると、基本的に消費者金融であろうが借入することができません。しかし、悪徳消費者金融の場合は、「ブラックリストでもOK」としています。これも悪徳かどうかの見分け方として有効です。通常、ブラックリスト入りしているということは信用がないということですから、返済されない可能性も高いと判断します。返済してもらえない可能性がある以上、業者としては貸すことはできません。ですが、それでも貸してくれるというのですから驚きですよね。それにはちゃんとした理由があります。

 
 

悪徳消費者金融の場合は、例え本人が返済できなくても、その家族や知人など広範囲から搾取することを目当てにしているのです。たった3万円しか借入していなくても、3日後には9万円まで跳ね上がるなんてことは珍しくありません。気付いた時には借入した額の何十倍にも借金が膨れ上がっているのです。ブラックリスト入りしている人にとって、お金を貸してくれる場所があるというのはかなり救いなのですが、安易な気持ちで借入してしまうと気付いた時には借金地獄に陥ってしまうでしょう。借入した本人だけが苦しむならまだいいですが、実際には周囲の人間にまで被害が及ぶことも多い為、軽く考えて行動するのはやめてください。

 
 

金利のパーセンテージがやけに低いのも注意

 
 

大手消費者金融の金利の目安は14%~20%です。20%が最大でそれ以上に設定することはできません。これが、あまりにも低い場合は要注意。金利が10%を下回るのは銀行や信用金庫などのカードローンが多く、消費者金融の場合は10%を切ることはほとんどありません。稀にキャンペーンなどで9%台に設定している消費者金融もありますが、これは本当に稀です。その為、金利が低すぎる場合も疑ってみてください。金利が低いということは、借入した側にとってかなり助かるものです。

 
 

その部分を利用してくるのが悪徳消費者金融と言えるでしょう。気軽に借入させて、実はそれ以上の金利をぼったくるように計算しているのです。悪徳消費者金融の見分け方はこの他にもいろいろありますが、チラシ一つからも見抜くことができますので、しっかり確認してみることが大切です。余裕があれば、他の消費者金融のホームページなどと比較してみれば分かることも多いでしょう。良いことばかり並べているのは嘘を見抜かれないようにする為なのです。

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

もし悪徳消費者金融から借入してしまったら

 
 

すでに悪徳消費者金融から借入して借金地獄に陥っている人の対処法は、すぐに弁護士に相談することです。そのままの状態ですと状況が悪化する一方ですし、素人がどんなに反論したとしても相手には通じません。法的な手段が取れるのは弁護士だけですから、まずは相談することが大切です。債務整理などに詳しい弁護士に依頼することで、悪徳消費者金融に対して警告をしてくれます。これ以上の督促を続けるなら刑事告訴すると伝えてくれるので、しつこい督促も一度終わらせることが可能です。もちろん、その後に債務整理をすることにはなるでしょうが、悪徳消費者金融からの督促で悩み続けることはなくなります。

 
 

悪徳消費者金からの甘い誘惑に乗らない

 
 

すでに借金地獄の状態で、どこからも借入してもらえない人にとって悪徳消費者金融は救いの手のように感じるでしょう。しかし、それは一度落ちたら二度と上がってこられないような深い落とし穴です。甘い言葉に流されて借入してしまったら、今以上の借金地獄が待っています。そのような状況にならない為にも、悪徳かどうかを見分けることが大切です。

 
 

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る