【借金ゼロになるが・・・】自己破産後の生活の変化について

【借金ゼロになるが・・・】自己破産後の生活の変化について

132view

2018.09.19

個人再生を行うと住宅ローンなどの借金を免除する事ができますが、車や住宅などの財産を手放さなくてはなりません。一部財産として残せる物もありますが、基本的に住宅や車を失う事になるので自己破産後の生活はいくつかの制限が付くことになります。自己破産後の気になる情報などをそれぞれ伝えていきます。自己破産を行う前にはメリットとデメリット、そして申請後の生活の変化を把握しておきましょう。

自己破産の申請を行う為の条件

自己破産は申請を行い、裁判所に認められる事で、現在背負っている借金の返済義務が免除される債務整理の方法の1つです。この自己破産が認められるにはいくつかの条件があります。まず、借金の支払いが滞り返済していく事が不可能と認められた場合、つまり支払い不能の状態である事です。そしてもう1つは借金をした理由や経緯が正当である事です。この2つの条件を認めてもらう為には「破産手続き」と「免責許可手続」の2つをクリアする必要があります。「破産手続き」は現在の財産などを調べて、借金が支払えない状態であるかを調査します。この手続が認められると「破産手続き開始の決定」となり、破産者として認定されます。しかしこの時点ではまだ、借金が免除される訳ではありません。

ここからさらに「免責手続き」を行い、借金をする事になった理由や経緯を調査し、それらが正当であるかを審査します。この2つの条件を満たす事が自己破産を行う為の条件になります。さらにここから、自己破産が認められる条件として支払不能状態と認められる必要があります。これは裁判所にいくつかのポイントをチェックしてもらう必要があり、借金の総額やその借金の内容、総資産額とその内容、現在の収入、現在の年齢や家族構成、生活費などから、支払不能状態であるかを調べます。つまり支払い不能状態は借金額のみではなく、本人とその借金額に応じた支払い能力のバランスによって判断されます。

自己破産のメリットとデメリット

自己破産を行う事で借金が免除される為、返済の義務が無くなります。その結果、貸金業者からの取り立てが無くなり、精神的にも楽になるメリットがあります。しかし信用情報に名前が載る事になります。つまりブラックリストに事故情報として名前が載るデメリットもあります。さらに就ける職業に制限がかかる他、財産も没収されます。具体的には車や住宅などの20万円を超える換金価値がある財産は全て換価処分されます。一部残せる財産もあり、99万円以下の現金や20万円以下の預金そして、高価なものではない、生活必需品などに関しては換価処分からは除外されます。自己破産を行うとブラックリストに載る他にも政府が発行している「官報」に住所と名前が載る事になります。この2つの条件により、新たにローンを組む事やクレジットカードの借り入れや作成なども行う事ができません。正確にはクレジットカードの作成を申請しても審査で落とされる事になります。

自己破産後の携帯電話について

携帯・スマホ自己破産後に携帯・スマホを持つ事は可能です。しかしこれにはいくつかの条件があります。まず自己破産を行う際に携帯・スマホの本体料金などの支払いを済ませておく必要があります。これは、携帯・スマホの本体料金を分割払いしている事になるので、債務整理として処理されてしまいます。この情報は当然携帯電話会社にも情報は伝わります。そうなってしまうと現在使用している携帯・スマホは解約される可能性が高くなります。

しかし携帯・スマホが20万円以上の査定額になる可能性は極めて低い為、生活必需品として認められる事もあります。その際には再度契約が必要になりますが、同じキャリアでの契約は避けましょう。債務整理により、本来支払う義務があるものに対して免除してもらう為、携帯電話会社からの信用も無くす事になる為、場合によっては契約そのものを結ぶ事ができない事もあります。新たに携帯・スマホを購入する際にはブラックリストに名前が載っている状態の為、分割払いを行う事ができません。これはクレジットカードの審査と同じでローン申請が通らない事が理由です。よって新たに携帯・スマホを購入する際には一括払い購入する必要があります。分割払いを行う事は難しいですが、一括払いで全ての金額を支払う事に関しては問題ありません。

自己破産時の住宅ローンについて

自己破産には住宅ローンも借金の一部として免除する事ができます。しかし自己破産を行うと住宅などの財産を残す事はできません。さらにブラックリストや官報に情報が載っている為、新たに住宅ローンを組む事ができません。もし住宅ローンを組みたい場合にはブラックリストや官報に登録されている名前が消える約5~10年間待つ必要があります。事故情報が消えれば新たに住宅ローンを組む事が可能になります。しかしローンを組む際には現在の職業において将来的に安定した収入がある場合など一定の基準を通過する必要があります。

自己破産を行う前の準備とその後の生活の注意点

自己破産を行うと一部を除き、財産を手放す必要があります。しかし携帯・スマホに関しては事前に本体料金を全て支払っておく事で残す事も可能です。しかし本体料金の支払いを終えずに自己破産を行うと借金の一部として処理されてしまうので解約される可能性が高くなるので注意しましょう。自己破産後は基本的に新たにローンを組む事がクレジットカードを作成する事ができなくなるので注意しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る