競艇で作ってしまった借金の対策

競艇で作ってしまった借金の対策

133view

2018.09.04

ギャンブル好きの方にとって、競艇は楽しみの一つで人気があります。娯楽として優れている競艇ですが、お金をかけるので負ければ損をします。適度にするだけならばよいのですけど、借金してまで賭けてしまった時は注意が必要です。返済できない金額まで増えてしまえば、生活ができなくなるので返し方を考えましょう。大きな借金でも返せる方法としては、債務整理を使うと気になる負債を減らせます。

大きな借金を競艇で作った時の対応

競艇は熱い勝負が多く、この選手を応援したいと賭けてしまいますよね。一度負けると今度は勝てる、次勝てば負けを帳消しにできる、そう考えるのはよくあります。しかし勝負は時の運なので自分が期待する通りの、結果を得られない場合も少なくありません。競艇で大きく失敗してしまえば、残るのは返すのが難しい借金の山です。
金融機関から借りたお金は収入の三分の一を超えると、返しづらくなるといわれます。300万円の収入ならば100万円の借金を返すのは、難しく生活に支障がでます。ギャンブルをしていると熱くなってしまい、冷静な判断を失って大きなお金を借りる場合があります。そうなれば三分の一以上のお金を借りて、多額の借金をしてしまいます。

多額の借金を競艇で作ってしまった、それはあまり考えたくない問題でしょう。しかし無視をしても返済は請求されるわけで、お金を返さなければ利息も増えてしまいます。返すのが難しい借金でも、借りたお金は返さなければいけません。ただ本当に難しいならば債務整理も使えるので、返済額を減らすのは十分可能です。
借金はできるだけ自分で返す努力をすべきですが、難しい時は法的な手続きも良いでしょう。家族に知られずに対応できる方法もあるので、やり方を工夫すればこっそり借金を減らせます。ギャンブルで作った借金は返すべき、これはお金を借りた時の常識です。しかし借りた金額が大きい場合や、他にお金を使う必要があるならば別です。事情があるならば必要な手続きをして、返済方法を工夫すれば良い状態に変えられます。

債務整理はどれを選べば良い?

競艇で借金を作ってしまってどうしよう?そういう時に使えるのが債務整理です。短期間で借金を小さくし、場合によってはゼロにするのも難しくありません。利用できる方法も複数あるため、こうしてみたいなという希望に答えてくれます。借金は返さなければいけないものですが、返済が難しい場合は例外を認めています。債務整理はそのための手続きなので、安心して借金を減らせます。
ではどの債務整理が良いかというと、利用する方によって選ぶものは変わります。減らしたい借金の額によっても変わりますが、事情に合ったものを選べば困りません。複数の種類があるので自分の生活環境や、借金の金額を考えつつ対応すれば返済の負担を減らせます。

よく行われるのは任意整理と呼ばれる、やり方で話し合いによって借金を減らします。金融機関はお金を貸しますけど、返せなくなった場合は対応してくれます。例えば借金の減額などをしてくれるので、上手く行けば大幅に負担を小さくできます。任意整理はそのための手続きですが、話し合いによって行うので不明瞭な所があります。相手を上手く説得できないと失敗してしまうので、交渉方法を準備しておくべきでしょう。

個人再生は任意整理と似ていますが、ちょっと違うのが裁判所を使っている点です。任意整理は金融機関との直接交渉ですけど、個人再生は裁判所で対応をします。公的な所で話し合いをするので結果が出やすく、金融機関側も柔軟に対応してくれます。便利な個人再生ですけど、裁判所を使うので費用がかかります。官報にも載ってしまうので借金の整理をしたのが、周囲に分かってしまう問題はあります。しかし借金を減らす効果は高く、返すのが難しい借入でも十分に小さくできます。

自己破産は借金を整理する最終手段で、手続きをすればすべての債務がなくなります。裁判所を使って行うので多少手間がかかりますが、上手く行けば借りていたお金をなくせます。自己破産は便利な方法ですけど金融機関の評価が、大幅に下るデメリットがあります。ある程度の期間は借入が一切できなくなるので、それでも良いという方に向いている方法です。

競艇だと困る債務整理の問題

債務整理はその人に合った方法を選べる、借金対策に使えるものです。普通の借入ならば問題なく使えますが、実はギャンブルだと制限を受けやすいです。法的な整理は社会的に必要だから認められているのであって、そうでなければ利用できない場合もあります。ギャンブルは社会的に必要かといわれれば、そうだと答える人はいないでしょう。個人の娯楽としては良いものですけど、生活に必要なものだとはいえません。

裁判所などを使った債務整理でネックになるのは、ギャンブルの借金だと認めてもらえない場合です。例えば自己破産をして借金をゼロにしたくても、ギャンブルで借りたものだけは認められません。そうなれば債務整理をした後も、借金を返し続けるわけで困ってしまいます。競艇で作った借金は、ギャンブルによるものなので債務整理には向いていません。交渉しても認められない場合があるので、上手く行かない場合もあります。

では沢山借金があるのにどうにもできないのかと、心配する方もいるでしょう。確かにギャンブルで作った借金は、すぐには認められないケースが多いです。ただ最終的には認められるので、ギャンブルの借金であっても整理は可能です。表面的にはギャンブルの借入は、債務整理しづらい形になっています。それでは借金返済ができず、困ってしまう人もいるので例外的に認めてくれます。競艇で作った負債は債務整理では、制度上認められない時もあります。しかし殆のケースは最終的には認めてくれるので、心配せずに手続きをすれば借金を減らせます。

こうすれば困らない債務整理の選び方

競艇の借金で悩んでいる時に、どの方法ならばよいのか判断に困る時があります。複数の方法があるので自分はどれが良いのか、なかなか分かりづらいですよね。債務整理には任意整理と個人再生の方法があって、任意整理ならば官報にも載らないので安心です。金融機関との交渉によって対応できるので、周囲に分からない形で解決できます。任意整理は便利な方法ですけど、話し合いが不調だと十分に借金が減らず、上手く行かない場合もあります。

個人再生は裁判所を通して行うため、手続きが周囲に分かってしまいます。住宅ローンは残せる方法なので、マイホームを持っている方に向いています。任意整理に比べると条件が厳しく、上手く認められない場合も多い方法です。ただ個人再生は上手く行けば大幅に借金を減らせるので、競艇で作った借入でも小さくできます。
自己破産はすべての借金をなくせるもので、あまりに大きく返すのが難しい時に使えます。住宅ローンなどもダメになるので、全ての借入ができなくなる点は注意が入ります。ただ借金がゼロになるので気になる負債を、無くせる点は優れた方法だといえます。自己破産はギャンブルだと制限を受けやすく、上手く行かない場合もあります。もし裁判所が認めてくれない場合は、他の債務整理の手続きをすれば解決できます。

いつの間にか大きくなった、競艇の借金を減らす時は債務整理が向いています。金額や住宅ローンの有無によって、選ぶべきものが変わるのでよく調べておくと困りません。任意整理や個人再生はギャンブルの借金でも、利用しやすいですが自己破産は制限が強いです。そのため自己破産する時は、それが上手く行くのか確認してから手続きをする必要があります。

まとめ

ついつい作ってしまった競艇の借金は、大きくなってしまうと普通の方法では返せません。任意整理は複数のやり方があるので、その方に合ったものを選べば解決できます。住宅ローンがあってもできる整理方法や、借金をゼロにできる自己破産も可能です。手続きをする時はある程度費用がかかりますけど、借金を少なくできるため十分な効果を得られます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る