必要なものだけで暮らす持たない暮らしで、豊かなシンプルライフを実現

 

 

今ある借金がどれだけ減らせるか無料診断

 

借金減額シュミレーター

毎月のローン支払いが厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

必要なものだけで暮らす持たない暮らしで、豊かなシンプルライフを実現

23view

2018.09.12

「ものを捨てられない」「ついついものを買ってしまう」という悩みを抱えている人は少なくありません。ものをたくさん持ちすぎると管理がしにくくなり、同じものを買ってしまうなど無駄遣いの元。自分に何が必要で何が必要でないのかしっかりと見極めることで、節約しながら豊かなシンプルライフを実現することができます。必要なものだけで暮らす持たない暮らしを実現するための方法を、まとめてみました。

まずはクローゼットの見直しを

捨てられないものの代表が、洋服や靴、バッグなど身に付けるものでしょう。流行遅れになっていたり、いつか着ることがあるかもしれないと思ったりして、クローゼットの中に眠らせたままの洋服がありませんか。流行は巡ってくるものですが、以前流行ったときとは微妙にデザインやシルエットが変わっているものです。それを引っ張り出して着てみても、古い感じになってしまうのは否めません。また、いつか着るかもしれないその「いつか」は、まず来ることはないでしょう。

それならば着ていない洋服を処分して、今の時代の空気に合った質の良い洋服を新たに購入したほうが、気分がいいものです。靴やバッグにも同じことが言えます。おすすめの基準として、一年間着ていない洋服は、処分してもいいでしょう。特に問題が起こることはないはずです。一年の四季を経験したのに出番のなかった洋服は、次の年に着る可能性も低いからです。

ストックは最低限にして、まとめ買いはしない

そもそもストックを持っているだけで、収納場所が必要になります。収納場所がない家なら、収納するための入れ物を買わなくてはいけません。またストックがあることで、予備を持っている安心感から必要以上に使ってしまいがちになります。これでは節約になりません。まとめ買いもしないほうがいいでしょう。ある製品を気に入ってまとめ買いをしても、今はグレードアップした新商品がどんどん出てくる時代。こうしたより良いものが欲しくなっても、家に大量の旧製品が残っていたら、なかなか買い替えられません。災害になった場合に困らない程度のストックだけを持ち、まとめ買いをしないことが、持たない暮らしを実現するための近道です。

収納グッズを減らす

ものをできるだけ減らし必要なものだけで暮らすためには、収納グッズを減らすのが一番です。なぜなら、人は入れ物があると、そこに何かを入れて空間を埋めたくなるからです。百円ショップに行けばかわいいプラスチック収納ケースがたくさんありますし、きれいなお菓子の空き箱や空き缶も収納ケースになります。しかし収納ケースを使えば使うほど、ものは増えていきます。持たない暮らしをしたくて断捨離を考えている人は、まずは収納グッズの量を減らしてみてはどうでしょうか。

そうすると、その中に入っていたものが本当に必要なものなのか、判断しやすくなるでしょう。ここ数年使っていないなというものは、これから先も使う可能性は低いので、処分するのが賢明です。必要になったらまた買えばいいのです。必要になるかどうかわからないもので貴重な生活空間を埋めるのはやめましょう。

キッチン用具や食器、掃除用具はいろいろなもので代用できる

キッチンほどものがどんどん増えていく場所はないでしょう。専用の皮むき器や専用の鍋、お菓子作りの道具など、何も考えずに買っていると、知らないうちにものであふれ返ってしまいます。本当に使っているのか、他のもので代用できないのか、一つ一つよく吟味してみましょう。使いやすくてひんぱんに使っている調理道具や食器というのは、意外と限られているのではないでしょうか。掃除用具もさまざまなものがあります。

洗剤も用途別に分かれていて、多種多様です。けれども周りを見渡してみると、掃除に使えるものはたくさんあります。使わなくなったシャンプーや歯磨き粉などは、どの家にもあることでしょう。こういったもので、お風呂場やトイレ、キッチンのシンクなどは十分掃除できます。身の回りにあるもので代用する習慣がつくと、余計なものは買わなくなるので、節約につながります。

本は図書館で借りる

本などは図書館で借りられるので、積極的に利用しましょう。図書館が自分の家の本棚だと思えばいいのです。読まなくなった本は図書館に寄付すると、また読みたくなったときにはいつでも図書館で読むことができます。返却期限があるのはデメリットですが、期限までに必ず読もうとするため、メリットでもあります。本を買ったはいいけれど、「積ん読」になってしまった経験のある人は多いのではないでしょうか。せっかく買っても読まなければ単なる無駄遣いです。返却期限という強制があるからこそ、なんとか時間を作って読もうとするのです。本を読みたいと思ってはいるけれど、なかなか実行できないという人には図書館の利用がおすすめです。

必要なものだけで暮らすのはミニマムリッチにつながる

ミニマムリッチとは大量生産大量消費の対極にある考え方です。ものとの向き合い方を見直し、自分にとって価値のあるものにお金をかけ、質の良いものを長く大切に使う価値観のことです。必要なものだけで暮らす持たない暮らしを実現するには、ものを選択する基準をしっかりと持たなくてはなりません。それが豊かなシンプルライフを送る秘訣なのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る