苦しすぎる・・借金生活からの脱出方法についてまとめ

 

 

今ある借金がどれだけ減らせるか無料診断

 

借金減額シュミレーター

毎月のローン支払いが厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

苦しすぎる・・借金生活からの脱出方法についてまとめ

27view

2018.09.28

借金生活は返済に追われるだけではなく、日常生活にも様々な弊害をもたらしてしまいます。また家族がいる場合には家族もその弊害を受けてしまうのはもちろん、大きな負担をかけてしまうため注意が必要です。このため借金生活は早めに脱出しなければいけないと考えられているのですが、今回はそんな借金生活から脱出する方法を解説していきます。

借金生活による弊害について

借金生活には様々な弊害があり、本人だけではなく家族も苦しめられることになります。
まず弊害として挙げられるのが金銭面の問題で、収入などの多くは真っ先に借金の返済に充てられます。そうして残された中から生活に必要な費用を差し引いていくと、収入の額によってはほとんどお金が残らないという人も珍しくありません。このため必要最低限のものしか購入できなかったり、食費や光熱費に関しても節約をしていかなければ自由に利用できないということもあるのです。

健康面に関しても、何らかの病気にかかってしまったり持病で通院が必要になったとしても医療費を節約しなければいけない場合もあります。このため健康維持が難しくなり、仕事が続けられなくなったり無理に仕事を続けようとして身体面だけではなく精神面でも悪影響が出てくる恐れがあると考えられています。
このように借金生活による弊害は金銭面だけではなく、身体面や精神面にも大きな影響を与えることが指摘されています。また家族に関しても同じように節約や制限を求められてしまうので、特に子供に関して大きな影響を与える可能性があると危惧されているのです。

借金生活から脱出する方法1:生活保護を受ける

借金生活から脱出するための方法の一つとして知られているのが、生活保護です。
一般的に借金がある状態では生活保護は受けられないのではないかと思われがちですが、特定の条件をクリアしていれば借金を抱えた状態でも生活保護を受けることは可能となっています。このため借金の返済に収入が取られて生活ができないという場合には、生活保護の費用で生活費を賄いながら借金を返済していくというスタイルも可能です。

ただし注意点として言われているのが、生活保護で受給したお金を借金の返済に使用することが認められていない点です。生活保護のお金はあくまでも生活を維持するために支給されている費用なので、借金返済に使ったと発覚した場合は減額または需給停止になる恐れがあります。このような点から、生活保護を申請する際には借金返済に充てることができる収入があるかどうかがポイントになってくるようです。

ちなみに生活保護は自己破産をしてからでも受給することができるとされていて、借金を抱えている人が申請した場合には最初に自己破産を提案されるケースもあります。そのため多くの人は自己破産をしてから生活保護を申請しているので、借金生活から脱出する手順の一つとして検討することがおすすめです。

借金生活から脱出する方法2:自己破産をする

借金生活の大きな問題として挙げられているのが、借金そのものです。その借金を帳消しにすることができる方法として知られている自己破産は、債務整理の中でも最後の手段だと言われています。
そもそも自己破産は借金の返済義務を帳消しにすることができるものであり、借金生活からすぐに脱出できる手段だと言えます。ただデメリットとして多くの弊害を抱えることになりますし、弊害は借金をしていた本人だけではなく家族にも影響が及んでくるため慎重に検討する必要があるのです。

このように借金生活から根本的に脱出できる反面弊害が問題となってくる自己破産ですが、どうしても債務整理でも借金の返済が難しいと判断された場合には利用する必要があると考えられています。自分たちで判断が難しい時には専門家に相談するなどして、自己破産をするべきなのかどうか判断してもらうこともおすすめです。

借金生活から脱出する方法3:自己破産以外の債務整理を利用する

債務整理には自己破産以外にも、任意整理や個人再生など弊害が少ない手段もいくつかあります。これらの特徴は借金そのものをなくすわけではないものの、返済にかかってくる負担を軽減することができる点です。そのため借金を返済していかなければいけない点は変わらないものの、日常生活に及ぶ弊害を軽くすることができるという意味では大きなメリットだと言われています。

このため借金生活からすぐに脱出できるわけではありませんが、借金生活や弊害を受ける期間を短くすることができる方法として債務整理がおすすめされています。ちなみに任意整理も個人再生も自分たちが持っている資産を手放さなければいけないのですが、債務整理の種類によっては持ち家を維持することができる場合もあるため状況に応じて手段を選ぶことが可能です。
ただこれらの方法でも借金が返済できない場合は自己破産をするしかありませんし、債務整理をする際でも何らかの弊害を受けなければいけないのでその点を理解しておく必要があります。

借金生活から脱出する方法4:生活を見直しながら借金の原因を改善する

生活保護や債務整理をするほどではないけれども、借金生活が苦しいという場合にはまず生活を見直してみることが大切です。
例えばクレジットカードを使った買い物を頻繁に行っている人は、自分がどれだけの出費をしているのかわかりにくいので浪費をしやすいとされています。そのためクレジットカードの利用を一時的に中止し、出費を見えるようにしておくと浪費を抑えることができると言われているようです。ほかにも家計簿をつけて収支を確認してみるというのも大切な方法で、全ての明細を把握しておくことで家計の無駄を省いて節約をすることができます。

その上で生活を見直しながら、借金の原因を把握することが一番重要だと言われています。借金の原因を改善していかなければ借金そのものがなくならないため、借金生活から脱出したいのであれば根本的な改善や対策が必要不可欠となっています。

借金生活は脱出できる方法がある

借金生活や返済生活を続けていると、本人だけではなく家族にも弊害をもたらしてしまいます。その結果、様々な感覚が麻痺してしまったり健康面や精神面にも悪影響が出てしまいかねません。
そんな借金生活を脱出する方法はいくつかありますし、状況や借金の金額によって手段を選択することが可能です。
このため借金生活に苦しんでいる人は、まず根本的な部分を見直しながら必要な手段を利用して脱出することがおすすめされています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る