借金の保証人を上手に断る方法

 

 

今ある借金がどれだけ減らせるか無料診断

 

借金減額シュミレーター

毎月のローン支払いが厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

借金の保証人を上手に断る方法

33view

2018.09.20

借金の保証人になるということを簡単に考えてはいけません。中には、保証人を頼まれているが、断りたいと考えている人も多くいます。
しかし、どうやって断ればいいかわからないと悩んでいる人がいることも事実です。
そこで、今回は借金の保証人とはどういうものなのかを説明したあとで、借金の保証人を断る上手な方法を解説していきます。

借金の保証人とは?保証人と連帯保証人は違う?

借金の保証人には、保証人、連帯保証人、根保証という3種類があります。
保証人とは、債務者が返済できなくなった時に、その人に変わって返済する責任を負うということです。
連帯保証人は、自分がお金を借りたことと全く同じ立場になるということです。保証人は、債権者から、債務者に代わってお金を返して欲しいと言われた際に、まずは債務者に請求してほしいということができます。また、財産の差し押さえをされそうになった際には、保証人よりも債務者の財産を先に抑えてほしいということができます。
しかし、連帯保証人になってしまうと、このような発言をする権利はなくなってしまうので注意が必要です。
根保証というのは、債務者が今後、更に借金を増額しても、その分も保証するという意味です。

保証人になることを簡単に考えてはいけない

仲のいい友達から、保証人を頼まれて軽い気持ちで保証人になってしまった、という人は多くいます。しかし、保証人になるということは、債務者の人生を背負うということにもなります。最悪の場合、自分も破産宣告をせざるを得ない状況に追い込まれてしまうこともあるのです。
そのため、いくら仲のいい友達からの頼みであっても、保証人になってほしいと言われた場合には、一度冷静になって考えるべきなのです。
そこで、保証人を断るための上手な方法を紹介します。

お金がないことを伝える

自分には保証人になれるほどの経済力がないと伝えてみることがおすすめです。保証人になるためには、返済能力の審査があるということを説明しながら、自分はその審査には通らないと言ってみるのも大事です。
更には、ローンが残っている、家族を養わなければならないなど、場合によっては嘘をついても構いません。
とにかく、自分にはお金がないということを伝えることが大事です。

友達でいたいからと言ってみる

金の切れ目は縁の切れ目という言葉があるように、お金で友情が壊れてしまう可能性もあります。
そこで、友達でいたいから保証人にはなれないと伝えてみましょう。こう伝えることで、相手を嫌な気持ちにすることなく、保証人を断ることができることもあります。

借金をすることを止める

そもそも、保証人を身内ではない人間に頼むということは、親や家族には言えない状況に陥ってしまっている可能性もあります。
わざわざ詳しく借金の理由を聞きだす必要はありませんが、債務整理など、借金以外の解決方法をアドバイスしてみることも大事です。

保証会社の利用を進める

保証会社とは、一定の保証料を支払うことで保証人の代わりになってくれる会社です。保証人を頼まれた際には、まずは保証会社の利用を進めてみることが大事です。
もし、相手が保証会社の存在を知らなかった場合には、感謝される場合もありますし、自分が保証人になることも回避することができます。
結果として、人間関係を壊すことなく保証人の頼みを断ることができます。

遺言があると言おう

オーソドックスな断り方として、親の遺言に保証人にはなるなと書かれていたからという理由で断る方法があります。
もし、親の遺言や祖父母の遺言でそのことが書かれていなくても問題ありません。遺言であれば、断ったとしても恨まれることもないでしょうし、誰のせいでもありません。

宗教のルールだからと言ってみる

宗教上のルールで、借金をすることや保証人になることはできないんだと言ってみるのも一つの手です。
仮に宗教に入っていなかったとしても、効果が高い傾向にあります。それは、相手がどのような宗教に入っているのだろうと、不信感を抱いてくれる場合があるからです。
あえて、なんの宗教に入っているかを言う必要はありません。そうすることで、その相手の方から離れていってくれる場合もあるからです。

友情関係が壊れるのが怖い

借金の保証人を断る方法を試してみたいけど、友情関係が壊れるのが怖いという人もいます。
しかし、一度冷静になってみることが大切です。借金の保証人を頼むということは、保証人にもリスクを背負わせるということです。
相手も、本当に自分のことを大切な友人だと思ってくれているのであれば、借金の保証人なんて頼んできません。
友達のためだからと、情に流されて、保証人になって、相手に裏切られたというケースはたくさんあります。その時、一番悲しい思いをするのは、友人を信じて保証人になった自分です。
保証人を頼むということは、相手は自分のことをそれほど大事に思ってくれていないのではないかと疑うことも大事になってきます。

借金の保証人は自分の人生を狂わせる

借金の保証人になってしまった場合、相手の借金を肩代わりする必要が出てくる場合もあります。そうなってしまうと、自分も借金をしなくてはならなくなってしまったり、最悪の場合は、破産宣告をせざるを得ない状況に追い込まれてしまうこともあります。
仲のいい友人からの頼みでも、借金の保証人を頼まれた際には、一度冷静になって考えてみることが大事です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る