借金があっても彼女が欲しいならどうするべきか

借金があっても彼女が欲しいならどうするべきか

506view

2018.08.18

借金をしてしまっているという状況で彼女が欲しいと思っても難しいのではないかと考える人もいます。確かに将来的に結婚しようと考える上では生計を一にすることになるので、異性から敬遠されてしまう可能性はあるでしょう。しかし、本当に借金があるからといって彼女を作るのを断念してしまって良いのかは考えてみる必要があります。

借金があると彼女を作るのは難しいのか

借金があるときに彼女を作りやすいかどうかという問題については、基本的には借金がない人に比べたら難しくなります。まず、異性との出会いの機会が少なくなってしまうのが問題です。借金の返済に追われていると節約生活を余儀なくされます。仕事をしている場合には職場に通う機会はありますが、それ以外の活動に手を出す機会が少なくなりがちです。スクールや教室に通って習い事をしたり、サークル活動に参加したりすると費用が発生してしまうため、借金がなくなるまではやめておこうと考えてしまうでしょう。また、友人に飲み会に誘われたり、同窓会が開かれたりしても参加を躊躇してしまいがちです。すると職場くらいしか新しく人に出会える機会がなくなり、彼女を作りたくても出会いがないということになります。結婚相談所や街コンなどを利用しようとしても費用がかかるので、出会えずに彼女ができないという状況に陥ってしまうことはよくあります。

いざ交際をしようとしたりアプローチをかけたりしようとするときに資金がないというのも問題になります。うまく出会いの場を見つけられたとしても、デートをするにはお金がかかるのは確かです。少し良いファッションに身を包もうとしただけで数万円かかってしまうこともあります。さらにレジャー施設に行ったり、レストランで食事をしたり、ホテルに泊まったりすればそれだけ費用がかさんでしまうのは確かです。そのお金を工面するのが難しくて断念してしまうこともありますが、それでもなおデートをした結果として気前があまり良くないと思われて良い仲を作れずに終わってしまう場合もあります。
そして、たとえ仲の良い異性が見つかったとしても借金があるとわかると結婚相手としてはふさわしくないと考えられてしまうリスクがあります。生計を一にするのは大きなことであり、たとえ義務が発生しなかったとしても結婚したからには配偶者の借金の返済を手伝わなければならないという気持ちを持つことになるでしょう。たとえ良さそうな人に出会えたとしてもプロポーズしてみたら借金が原因で断られてしまうことがあるのです。

言わないで付き合うメリットとデメリット

借金があることは言わなければ彼女ができるのではないかと考える人もいます。借金を少し上乗せして資金も用意すれば気前の良さも平均的な水準に保てる可能性があるのは確かで、うまく振る舞っていれば借金のない人と同じような印象を持ってもらうことは可能です。それによって偏見を持たれることなく付き合えるようになり、彼女としての付き合いもできるようになる可能性があるのはメリットでしょう。しかし、デメリットがむしろ多いことは覚えておかなければなりません。ある意味では見栄を張らざるを得なくなるため、デートの度に借金が増えていってしまって困る可能性があります。

もし借金があることを受け入れてくれる人に出会えたら、お金がないなりの付き合い方をしてくれるでしょう。その方が将来的に大きな借金で苦しまなくて済むことになります。デートの出費が原因で借金が大きくなってしまい、返済が困難になってしまったのが発覚したらそれが原因で別れることになるリスクもあるので、あまり無理はしないのが賢明です。また、借金について一切話をせずに後になって発覚してしまうと彼女に与えるショックはより大きくなります。

同棲生活を始めてからローンカードを見られてしまったり、通帳の中身を確認されてしまったり、クレジットカードを作りたいときに審査が通らなかったりしてバレてしまうと幻滅されてしまう可能性もあるのです。大きなショックを与えてしまわないように、早い段階で借金があることを伝えておいた方が無難と言えます。借金の事実を知って返済に協力してくれるようであれば一生を共にすることができるでしょう。自分が借金を抱えている状況を受け入れてくれる人に出会えるように婚活を頑張った方が長期的に見るとメリットが大きいのです。

借金の種類によっても印象が違う

彼女を作るのが難しいかどうかは借金の種類によっても異なります。生活資金として使うための銀行や消費者金融のカードローンの場合にはあまり良い印象を持ってもらえることはありません。自己管理ができない人という印象すら受けられてしまう可能性があるので返済してから彼女を探した方が賢明でしょう。しかし、奨学金の借り入れのように高校や大学、専門学校に通うために借金をしてきて返済が終わっていないというのであれば理解してもらえることはよくあります。それで堅実に返済できるように仕事をしているのであれば問題ないと考えてくれるでしょう。

奨学金を借りて学校に通う人は少なくはありません。この場合にはあまり躊躇せずに返済が残っていることを伝えれば受け入れてくれると考えられます。また、事業ローンや住宅ローンについても問題がない場合があります。個人事業主として働いていて事業ローンを組んでいることはよくあり、その点について理解がある人に出会えれば問題ありません。住宅ローンについても一緒に住める家を購入していて既に支払いを始めているというのであれば理解を示してくれる可能性があります。自分だけの部屋を住宅ローンで購入しているという場合にも借り換えで済ませられるので、詳しく説明すれば納得してもらえるでしょう。このように借金にも種類があって与える印象にも違いがあるので、ただ借金があったら彼女は作りにくいと考えてしまわないのが大切です。

借金問題を解決してからの方が堅実

生活費のために借金をしているようなときには基本的には解決してから彼女を作った方が無難です。数十万円程度の借り入れの場合には収入の状況によっては節約すれば速やかに完済できることもあります。しかし、既に莫大な金額のローンをしているというときには根本解決を試みた方が良いでしょう。それで生活が苦しくなっているような状況なら債務整理をした方が安全策です。任意整理や個人再生で返済方法や返済額を変更するだけで数年間で返済を終えられる状況を作れる可能性があります。

完済してから彼女を探して結婚を目指すというのは完済するためのモチベーションを上げられるので効果的になる可能性もあるでしょう。一方、どうしようもない場合には自己破産として一からやり直すという選択肢もあります。信用情報には記録されてしまいますが、裸一貫でやり直すのは決して悪いことではありません。それから生活に困らない状況になったところで彼女を探すのも良い方法です。

まとめ

彼女を作るときに借金があると問題になりがちですが、隠してしまうと後になってさらに大きな問題になり得るので注意しましょう。学費や事業、住宅のためのローンの場合には理解を示してくれる可能性もあるので正直に話してみるのが大切です。生活費のために借りている場合には理解を得るのは難しいですが、短期間での返済を試みてみるのは重要でしょう。それが難しいと気には債務整理をして債務をなくした上で彼女を探すのが賢明です。専門家に相談してどのような形で債務整理をすべきかを検討してみましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る