借金によるストレスの発生と対処法

借金によるストレスの発生と対処法

468view

2018.09.01

借金をしているときにはストレスを抱えてしまいがちになります。借金の金額が肥大化したり、借りている期間が長期化したりするほどストレスは大きくなってしまいがちなので注意が必要です。うまくストレスマネジメントをしていくことは返済を継続する上で欠かせません。どのような姿勢を持つと良いかを考えておきましょう。

借金によるストレスが発生しやすい

借金によりストレスが発生する理由としてよくあるのがプレッシャーを受けていることです。早く返さなければならないという気持ちがあるだけで十分なストレスになってしまいます。返済計画を考えていたはずなのに、その通りに返せない状況になってしまうと苦しい状況に陥ります。なぜ予定通りに返済できなかったのかと悩むことになり、ストレスを増大させてしまうでしょう。返済できないからといって他のローンを使って一時しのぎをすると、多重債務になってまた後悔することになります。また、既に返しきれないような状況に陥ってしまっていると催促の通知がいつ来るのかと思うだけでもストレスになってしまうでしょう。

これに加えて、稼がなければならないというプレッシャーも受けます。必死に仕事に取り組むだけでなく、副業もしてコツコツとお金を稼ごうと努力していると苦労が積み重なってしまいがちになるのは確かです。少しでも効率的に稼ごうと考えているとそれもまた負担になってしまいます。そして、努力をしているはずなのに想定したほどは稼げていないということもあり、頑張っているのになぜだと頭を抱えてしまうこともないわけではありません。このようなプレッシャーに常に苛まれてしまうのは特に心配性な人や根が真面目な人に多いパターンです。これに加えて、ついお金を使ってしまったというときに後悔することもあります。

いかにしてお金を返すかということを常に意識している人ほど、些細な出費に対しても神経質になってしまい、もう少し節約できたのにと悔やむことが多くなってストレスを抱えてしまう傾向があるのです。基本的には神経質になり過ぎなのがこのようなストレスを生む原因なので、もう少し気楽に考えるようにするのが大切です。毎月の支払い分だけ確保できれば良いという気持ちを持ち、早く返さなければならないというプレッシャーを少しでも軽減するようにしましょう。借金をするときには毎月の支払い分を払っているだけで生活費が圧迫されてしまわないようにしておくことは必須です。それが原因でストレスを溜めなければならなくなるリスクが高まるからです。

借金をしているとストレス発散を怠りやすい

借金をしているときには節約する意識が必然的に芽生えますが、それに関連して様々なことに我慢しなければならないというのがストレスを生みます。お金がないから旅行に行くのはやめよう、趣味の買い物をするのは諦めよう、特別なときでもプレゼントを買うのはやめようといった形で楽しみを生活から奪ってしまいがちです。ストレスは普通に社会生活をしているだけでも溜まっていくものなので、適宜発散することが必須です。ストレスの抱え過ぎが原因で不眠症になってしまう人や、うつなどの精神的な疾患に病んでしまう人も増えています。心身を健全な状態に保たないと働くこともできなくなり、借金の返済どころか生活するためのお金も稼げなくなってしまうリスクがあるでしょう。

節約をするという意識は借金対策としては重要ですが、あまり頑なに取り組んでしまうとストレス発散の機会を失ってしまいます。定期的にストレスを発散できる機会を作るように心がけるのは大切です。可能であればお金がかからないストレス発散方法を習得するようにしましょう。散歩をしたり、ジョギングをしたりするのにはお金はかかりません。パソコンでネットサーフィンをするのも電気代とインターネット代だけで済みます。週に一度はスイーツを食べるというのでも月に数千円だけで大丈夫です。日本酒や焼酎を飲むという方法でも一升瓶で買って一ヶ月で飲むといった形で決めてしまえばそれほど大きな費用はかかりません。それによって健康を維持できるのであれば安い出費だと考えた方が良いでしょう。ただし、それがエスカレートしてしまうと出費がかさんでしまってさらに借金するようになるリスクもあります。ストレス発散は程度をわきまえ、予算の限度額を決めて楽しむようにすることが必須です。

ストレスマネジメントこそ重要

借金中は意識の持ち方によってストレスの程度が大きく変化します。ストレスマネジメントができる人ほど借金を苦にしなくなります。ただし、借金をしていても気にせず浪費してしまうのでは問題はだんだんと増幅されることは否めません。返す必要があるという意識を持って少しずつお金を用意する取り組みをしつつも、それが大きな負担にならないように帰を払うようにするのが肝心です。そのバランスを保てるようになるとストレスマネジメントに成功します。なかなか難しいという人はストレス発散の習慣を作るのが賢明です。人の性分はなかなか変えられないもので、借金をとにかく返さなければならないというプレッシャーを払拭しようとしても難しいことはあります。

むしろ、そのプレッシャーを払拭しようという気持ちを持って取り組み、なかなか改善されないのが気にかかるほど神経質になってしまって逆効果になることもあるのです。そのため、むしろ自分に少し甘えさせる機会を与えてストレスを発散させる方向に働きかけた方が賢明です。わかりやすいように月間の予算計画を立てるのが効果的な方法です。月収がどの程度あって生活費にどれだけかかっているかを計算します。そして、その残額のうちで返済にあてる金額を決定しましょう。

その金額は固定してしまって、特に動かさないと決めてしまうのが大切です。するとその残額は自由に使えるお金になります。趣味などに費やしてストレス発散に使うことができるでしょう。また、突然の出費があったと気にはその中から工面していけば問題ありません。その代わりに趣味などに使っていたお金を少し節約してバランスを取れば借金の返済は続けることが可能です。このような形で自由に使えるお金を毎月予算として確保するだけでストレス発散の機会を作り出せるだけでなく、ストレスの原因も減らすことができます。ストレスマネジメントとしては最も簡単な方法なので借金に悩まされているときには試してみましょう。

まとめ

借金を抱えているとストレスが溜まりやすく、発散しにくい状況に陥ります。気持ちの持ち方による影響は大きく、神経質で心配性な人ほどストレスを溜め込んでしまいやすいので注意が必要です。返済計画を立てる時点で毎月の支払いによって生活費が圧迫されないようにするのは大切ですが、借り入れをした後も毎月の支払い分だけ返せれば十分というスタンスで節約に取り組みましょう。

月収から生活費を除いた部分は自由に使えるお金なので、その中からストレス発散のために使える費用を確保しておくのも大切です。趣味などに費やせるお金が少しあるだけでストレスは減らすことができます。突然の出費があっても借金の返済を続けられるようになるメリットもあり、それによるストレスも減らせるでしょう。このような予算計画を立てた上で意識として健康を保つことが重要だと考えて生活するように心がければストレスが原因で体調を崩してしまうことがなくなり、安定して収入を得ながら返済していけるようになります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る