任意整理における利息カットを始めとするメリットと知っておくべきデメリット

任意整理における利息カットを始めとするメリットと知っておくべきデメリット

141view

2018.10.03

債務整理の方法のひとつである任意整理は、元金だけを分割で返済することで、債権者との間で合意に至る利息カットのメリットが、債務者にとって見過ごせません。ですが債権者側に返済金額面で譲歩いただく以上、債務者だけが恩恵を受ける不公平が通用することはありません。債務者は何らかのデメリットを負って当然であり、その内容を事前に正しく踏まえ、真摯に借金問題の解決に努力する姿勢が求められます。

利息カットに代表される去債務整理としての任意整理のメリットとは

任意整理は債権者である、借入先の金融機関との和解交渉を通じ、元来返済すべき借入元金プラス、所定の利息や発生した遅延損害金のうち、元金だけを返済する債務整理です。仮に債務者が自己破産してしまえば、債権者は最終的に、元金の回収すら難しくなってしまいます。このリスクを回避すべく、利息やペナルティーに相当する金額の回収をあきらめ、貸付元金を確実に回収する、任意整理の和解案に合意するケースが多く、債務整理のなかでも、最も広く一般的な方法と言われています。実際に多くの借金問題を抱えた方々が、弁護士や司法書士など専門家への相談からの依頼を通じ、和解案に基づく返済を行っています。

そんな任意整理の一番のメリットとして、利息カットによって返済すべき総額が小さくなる、元金のみの返済で勘弁してもらえる点が見過せません。和解案では未返済分の元金総額を算出し、それを3年から最長5年をメドに、月々の均等分割で返済する、新たな返済方法が算出され、債権者側がこの案に合意することで和解が成立します。仮に過払い金が発生していた場合、相当する金額を借金返済に充当から相殺が可能です。さらに過払い金の金額の方が大きかった場合、借金相殺からお金が返ってくる可能性もゼロではなく、各メディアの宣伝を通じ、このメリットは広く掲出あるいは配信されています。

月々の返済金額が小さくなれば、安定した収入を持つ債務者は少なくありません。このメリットを活かして債務整理を完了できれば、新たなライフプランを立て直すことが十分可能となります。さらに任意整理は複数の債権者の中から、特定の相手先だけを選んで交渉することも可能であり、家族や職場に知られずに手続きできるメリットも見過ごせません。プライベートで動かせるお金の範疇内で、借金問題を解決するうえで、任意整理は数々のデメリットが避けられない債務整理に際し、まずは早急に実践を検討すべき債務整理の方法です。

利息カットのメリットの影に潜む知っておくべき任意整理のデメリット

債務整理の方法のひとつである以上、任意整理の実践に際して想定される、複数のデメリットに関しても、正しく理解しておく必要があります。債権者である金融機関に、元金だけの返済で勘弁いただく、すなわち元来の契約内容を反故にする形での和解に譲歩いただく以上、債務者が何らかのリスクを背負うのはある意味当然であり、それらを軽く考えてはなりません。

まずはすべての債務者からの和解案に対し、債務者である金融機関が100パーセント同意してくれるとは限りません。定収入がなく、元金のみの均等分割返済が不可能であろうと判断された場合、任意整理の合意を取りつけることは叶いません。この辺りの見極めは、弁護士や司法書士も厳しく判断しており、いくら熱望しても、任意整理での返済に頓挫してしまう可能性大と判断されれば、債権者側との和解案の折衝自体を引き受けてもらえないケースも想定されます。任意整理に際しては、安定した定収入があり、元金だけであれば今度こそ確実に返済可能である「裏付け」が求められます。

また任意整理は金融事故と称される借金トラブルの解決策であり、当事者である債務者は、いわゆるブラックリストに掲載されま。任意整理完了後も一定期間は、新たなローンが組めない、手元に残してある元来有効なクレジットカードでの決済ができないなど、ビジネスや日常生活における、決済上の制限が避けられません。たとえば携帯電話の機種変更時、新機種の購入代金を月々の使用料と合算で引き落とすことができないなど、基本「現金決済」が必要となってしまう場面が、数多く想定されます。

そして万一任意整理の返済にも行き詰ってしまい、ふたたび返済不能状態になった場合、債権者側は残金の一括返済を請求し、給与の差し押さえなど、合法的な債権回収の強硬策を講じる場合も想定されます。こうなれば勤務先や家族に知られてしまうリスクが避けられず、任意整理ならではの、利息カットを始めとするメリットを帳消しにしてしまうデメリットに、結果として追い詰められてしまい兼ねません。任意整理への着手に際しては、まずは徹底的に「何があろうとも確実に返済を完了できる」ことが大前提であり、十分なシミュレーション作業が欠かせません。

任意整理の利息カットのメリットと背中合わせのデメリット双方の理解の重要性

利息カットによる要返済総額と月々の返済額を小さくできるメリットを活かし、周囲に知られることなく借金問題を解決できる任意整理は、多くの方々が実践している債務整理方法です。一方でブラックリストに載ってしまう、必ずしもすべての債権者である金融機関が、和解案に合意してくれるとは限らないなど、債権者として新たに背負うデメリットに関しても、正しく理解しておかねばなりません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る