【人生山あり谷あり】生きる事に疲れた時の原因と対処方法

 

 

今ある借金がどれだけ減らせるか無料診断

 

借金減額シュミレーター

毎月のローン支払いが厳しい

返しても返しても借金が減らない

  • 過払い金の有無を知りたい

 

借金相談カフェ 詳細はこちら

 

 

 

【人生山あり谷あり】生きる事に疲れた時の原因と対処方法

22view

2018.09.29

長い人生を生きていれば、生きる事に疲れた時が訪れることがあります。疲れたからと感じたとしても、病気かなと心配をしないことが大事です。何かの拍子に疲れを一気に感じることは誰にでもあるからです。ここでは生きることに疲れる原因やその対処法を説明していきます。疲れたと感じたときには、ここにヒントがあるかもしれません。

生きることに疲れる原因の一つにストレスがある

仕事や家庭生活で色々なことが重なってしまうと、ストレスの処理能力を越えることがあります。そうなると、生きることに疲れてしまうことにつながります。仕事や家庭でのストレスは大小の違いはありますが、蓄積していくのです。一般的にはどこかでストレスを解消していくのですが、その解消が追い付かずに溜めたままになることがあるのです。その溜めたストレスは、生きることに疲れたと思わせるのには十分なエネルギーを持っています。何をしても上手くいかないや、どうしたらいいかわからないなどの感情が混ざって、生きることに疲れてしまうのです。ストレスは自分でなかなかコントロールできないものですから、そのような状態に陥る人は少なくありません。

燃え尽きることも生きることに疲れる原因

生きる事に疲れる時は何かに集中していた後に起きることがあります。例えば、一生懸命に仕事をして、仕事が終わった瞬間に生きることに疲れたと感じる人は多いです。燃え尽きた後に感じる疲れは、それまでに感じなかった疲れが溜まったものなのかもしれません。集中して取り組んできたために疲れを感じる暇がなかっただけで、その疲れを一気に感じるのが終わった瞬間なのです。特にこの傾向が強いのが真面目な人です。仕事やイベントなどで真面目に取り組むと疲れは大きくなります。また、長い期間集中していたらその分の反動として、疲れは大きくなるのです。時間と集中したエネルギーを掛け合わせたものが疲れとしてやって来ます。その疲れの大きさで生きることに疲れたと感じてしまうのです。

絶望感も生きることに疲れる原因

生きることに疲れたと感じる原因としてあるのが絶望感です。絶望してしまうと色々なことがどうでもいいと思い、さらに生きることに疲れたと感じるのです。どんなことがあっても絶望しないという人は少ないでしょう。しかし、絶望に浸っていると、本当に生きる気力を失いかねません。絶望感が原因だと分かれば、対処方法もあります。絶望感が引き起こす負の連鎖に取り込まれないことが大事です。絶望を取り除くことは難しいですが、そこから抜け出す方法はあるでしょう。

原因によって違う対処方法

生きる事に疲れた時の対処方法として万能薬はありません。そのためケースによって対処方法を変える必要があるでしょう。対処方法に関しては難しいことはほとんどありません。普段からできることが多いですし、突拍子もないことは必要ないのです。当たり前のことを対処方法としてやってみることが大事になります。また、生きることに疲れるというのは内面的な問題であって、風邪のように誰でもかかるものなのです。風邪を治すときのように体を安静にして、薬を飲むつもりで気持ちを変えることが重要です。

ストレスが原因の時の対処方法

ストレスが原因なのであれば、ストレスを取り除くことが大事です。仕事、家庭、人間関係など様々なストレスを溜める原因があるでしょう。その原因を突き止めて、ストレスの発生源からできる限り離れます。ストレスがそれ以上溜まらなければ症状が悪化することはありません。悪化を食い止めたら、次は改善です。ストレスの改善は止めた原因に対して、ストレスを感じさせないようにすることが大事です。他にストレスの改善にはイメージトレーニングが大切になってきます。ストレスを感じているものを、心地良いものとしてイメージをすり替えるのです。別の方法としては、慣れることがあります。例えばストレスに感じる人がいたとします。その人と何度も会うことで、慣れてきてストレスに感じなくなるのです。

燃え尽きや絶望が原因の時の対処方法

何かが終わったときに生きることに疲れたと感じたら、焦らずに自分の疲れと向き合うことが大事です。燃え尽きが原因なのですから、そっとしておくと、早く復帰することができるかもしれません。他にやりたいことが見つかれば、問題なく復帰できるでしょう。それまではそっとしておくことが大事です。また、絶望を感じたときの対処方法は他のことに目をそらすことが大事です。絶望ばかりを見ているとどんどんマイナスの方向にいきます。そうではなく、別の何かを見せるようにします。できる限り明るい何かがいいでしょう。そちらを見ることによって絶望から目を離すことができます。そのタイミングで他のことをするように仕向けると、絶望から抜け出す手助けになるでしょう。

生きる事に疲れた時の原因と対処方法のまとめ

生きる事に疲れた時の原因は人によって違います。その原因の数だけ対処方法はあるのです。対処方法として万能薬はありませんので、症状によって対応を変えましょう。基本的にはそっとしておいて、手を差し出す準備だけを進めると良いです。助けて欲しい人は何らかのシグナルを発しています。それに気づいてからでも対処は遅くありません。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

おすすめ法律事務所を探す

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る