借金



サルート法律事務所


家族に内緒にしたまま債務整理が可能

いつでもご相談無料・全国対応・初期費用0円

お手持ちがなくともご相談可能です。

借金の催促ストップ・即日対応





借金相談専用ダイヤル

お問い合わせはこちら0120-345-036







ふづき法律事務所


借金にお困りではありませんか!!

ご家族や友人に内緒で借金をしてバレるのが怖い

何年も借金がなかなか減らない

借金生活を早く終わらせたい

借金無料相談・全国対応





借金相談専用ダイヤル

お問い合わせはこちら0120-262-059



借金相談ランキング

借金の返済ができなくお困りの方は世の中に大勢います。10人に1人は何らかの借金で悩んでいると聞いたことがあります。現状すべての方が借金の返済を完璧にできるわけではなく借金が返済できず、借金を返すためにお金を借りる方もいますし、夜逃げする方も、命を落とす方もいます。

 

ただ日本という国はどんなに苦しい借金があろうともある所定の手続きをすることで減額できたり、借金をゼロにすることができます。

 

そのことを知らずに一人で毎日借金のことで頭がいっぱいで不安におしつぶされそうな状態・家族や会社にばれないようにとひたすら隠している日々・もし滞納している状況で督促状や電話に怯える日々かもしれません。借金の悩みを解決すべく借金のおすすめ相談窓口を案内させて頂きます。

 

 

借金に悩んでいるのに相談料など払えるか!!費用が気になる!!という方も大勢いるのは重々承知のことです。そのことも含めて相談することをおすすめします。

 

 

サルート法律事務所

 

家族に内緒にしたまま債務整理が可能

 

いつでもご相談無料・全国対応・初期費用0円

 

借金の催促ストップ・即日対応

 

 


借金相談専用ダイヤル

 

お問い合わせはこちら0120-345-036

 

 

 

サルート法律事務所 詳細はこちら

 

街角法律相談所・匿名借金相談

 

 

借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所から比較

 

借金の状況に合わせてぴったりの事務所を紹介

 

匿名で無料相談OK・全国対応

 

 

 

街角法律相談所 詳細はこちら

 

 

 

ふづき法律事務所

 

 

借金にお困りではありませんか!!

 

給料の多くを、返済に充てている
ご家族や友人に内緒で借金をしてバレるのが怖い
何年も借金がなかなか減らない
借金生活を早く終わらせたい

 

借金無料相談・全国対応

 

 

 


借金相談専用ダイヤル

 

お問い合わせはこちら0120-262-059

 

 

ふづき法律事務所 詳細はこちら

 

 

樋口総合法律事務所

 

 

債務整理・借金の相談窓口

 

24時間借金に関する無料相談受付

 

全国対応・初期費用0円
お手持ちがなくてもまずは相談から

 

 

樋口総合法律事務所 詳細はこちら

 

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所

 

相談無料・秘密厳守・任意整理は減額報酬なし
過払い請求・初期費用無料

 

 

 

アヴァンス法務事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

返済が難しくなった借金を減額したり免除する手続きを債務整理と言います。専門家に相談する前に知っておきたい債務整理の知識をまとめてみました。

 

 

 

債務整理とは

債務整理というのは、簡単にいえば、借金の額を減らし、金利負担を軽くする手続きです。

 

債務整理にはいくつかの手続きがあり、個人個人の都合や希望、状況に合った方法の手続きを進めることができます。

 

 

債務整理には、任意整理 自己破産 個人再生 特定調停という4つの方法があります。
債務整理を考える上で、どれを選ぶのが一番良いかを考えなければなりません。
簡単にそれぞれの債務整理の特徴をお伝えします。

 

まず、任意整理。
今後の金利をなくし、返済を楽にします。
これは、裁判所を通さずに弁護士などが債権者と進めます。
借金の総額が減り、毎月の返済額も減ります。

 

次に自己破産。
これは、借金の返済がなくなるという方法です。
裁判所で借金の返済が不可能であることが認められ、免責許可となると、すべての借金がゼロになります。
ある程度の財産は手放さなくてすみます。

 

次に個人再生。
これは、裁判所を通し、債務を大幅に減額してもらうという方法です。
債務を減らして、無理のない返済計画を進めることが出来るようになります。
財産も手放さずにすむ可能性があります。

 

最後に特定調停。
特定調停は、任意整理と似ています。
簡易裁判所を介して債権者との間に借金の減額などの合意を成立されるようにするものです。
減額後の借金の額が、3年程度で無理なく返済できる場合などが利用出来る可能性があります。

 

この4つの債務整理には、それぞれにメリット、デメリットがあります。
さらに、それぞれにおいて利用出来る条件も変わってきます。
弁護士事務所に相談に行ってみて、自分にとって一番良い債務整理の方法が何であるかを見極めましょう。

 

 

債務整理のメリット・デメリット

借金で苦しんでいる人には是非考えてもらいたいのが債務整理です。
債務整理と聞くと難しそうに聞こえますし、弁護士や裁判所など、敷居の高い感じもします。
しかし、債務整理には、とても大きなメリットがあるのです。

 

まず、毎月の生活が楽になることです。
これが一番のメリットだといえます。
追われる生活から脱却すれば、将来に希望も見えてくるでしょう。

 

また、債務整理には自己破産、任意整理などいくつか種類があり、それぞれ違うメリットがあります。
自己破産では、全ての借金の返済義務が無くなります。
生活を立て直すためには、非常にメリットのある方法です。
その他、自己破産は手続きが他の方法に比べると簡単であるというメリットがあります。
裁判所に行く必要がなく、弁護士、司法書士などに任せることになります。

 

その他の任意整理、個人再生、特定調停といった方法では、借金の減額が行われます。
ですので、数年間の返済義務はありますが、自分の状態に見合った返済計画となるため、かなり楽になります。
方法によっては、資産の処分も必要がないというメリットもあります。
裁判所を通す必要があり、少し大変になりますがメリットは大きいです。

 

債務整理にはもちろんデメリットもあります。

 

まず、一番大きいものが、いわゆるブラックリストに載ることです。
ブラックリストとは、信用情報機関に、自分の情報が事故情報として掲載されることをいいます。
これに載ると、カードローンや、住宅ローンの審査は通らなくなります。
何かを月賦で購入したいと考えても、引っかかってしまいます。

 

次に、これは自己破産の場合ですが、海外旅行に一時的に制限がつく場合があります。
これは、自己破産の手続きで、処分する資産がある場合の管財事件のみとなります。
手続きが全て終われば制限はなくなります。
自己破産では他にも、資格などに制限がつく場合があります。

 

また、自己破産と個人再生では、官報に情報が掲載されます。
一度官報に掲載されてしまうと、消すことはできません。
ただ、周囲にそれでバレたりするかというと、官報を毎日チェックしているような方はほとんど居ないので、その恐れはあまりないでしょう。
その他、債務整理の方法によっては、手続き終了までにかなり時間がかかってしまうものもあります。

 

債務整理は、借金を無くしたり、軽くしたりするものです。
それ相応のデメリットも存在しますが、生活を立て直すという目標を考えれば、やってみて損はないはずです。

 

 

実際に債務整理を経験した方の声をご紹介します。

 

 

債務整理を考えているけれど、怖くて躊躇してしまう…。
そんな方のために実際に債務整理を行った方の体験談をまとめてみました。

 

まず、45歳会社員の男性Aさん。
「住宅ローン2000万円に加えて消費者金融からも300万円の借金があり、夫婦二人で働いても毎月の返済も限界でした。
子どものためにも自宅だけは残したい、そう考えていました。
弁護士に相談し、任意整理を行いました。
住宅は残してもらい、月の返済をかなり下げることが出来ました。
我慢しなければならないことは沢山ありますが、将来のことは考えられるようになりました。
任意整理を選んで良かったと思います。」

 

次は、24歳、OLのBさん。
「当時の彼に頼まれてお金を貸していました。
自分のお給料や貯金だけではどうにもならず、カード会社や消費者金融から600万円借りました。
返済が出来なくなり、自己破産を選びました。
破産と聞いて怖かったのですが、もともと持っている財産もなく、借金がなくなったことで自分のためだけにお給料を使えるようになりました。
自己破産を選んで本当に良かったと思っています。」

 

このように、債務整理は、借金で苦しむ方を助けるための制度です。
もちろんデメリットもあります。
ブラックリストに載ってしまい、制限されることも出てくるでしょう。
しかし、毎月の返済に追われ、その事しか考えられなくなり辛い生活を送るより、少しでも将来を考えられる状態に出来るなら、すぐにでもやるべきではないでしょうか。

 

 

債務整理をお願いするなら弁護士と司法書士どっちがいい??

債務整理を依頼するのに、弁護士と司法書士、どちらに依頼すれば良いのでしょうか。
司法書士事務所でも債務整理を積極的に行ってくれている所は沢山あります。
債務整理では、弁護士と司法書士とでは、どのような違いがあるのでしょう。

 

まず、債務整理では、弁護士はすべての案件を受け付けることが出来ます。
対して、司法書士が受けられる債務整理には制限があります。
まず、任意整理と過払い請求では140万円以下の案件なら司法書士に交渉権が認められています。
140万円というのは、債権者ひとつではなく、複数の債権者があれば、すべて合わせた額です。
また、簡易裁判所で行われる特定調停には、司法書士にも訴訟代理権がありますので、依頼することは可能です。

 

自己破産になると、地方裁判所への申し立てが必要となりますので、司法書士が出来ることは書類の作成のみとなります。
それ以外のことはすべて自分で行うのと変わりがなくなります。
裁判所に出向くのも、面接などもすべて自分で行わなければなりません。
司法書士はサポートはしてくれますが、本人の負担も大きくなります。

 

以上から、債務整理を行うなら、少額であれば、司法書士に依頼することも選択肢に入ります。
司法書士は料金も安く設定してくれていることが多いです。
高額の借金があり、また、自己破産の場合は弁護士への依頼がスムーズです。
自分の状況を考えて、弁護士か、司法書士か、どちらに依頼するかを選びましょう。

 

どちらに相談してよいかわからない場合は

 

街角法律相談所への匿名相談がおすすめです。今の状況に合わせておすすめの事務所を紹介してもらえます。

 

街角法律相談所 詳細はこちら

 

 

 

女性のための借金相談

女性には、女性特有の借金の悩みがあります。
例えば、夫に内緒で多額の借金をしていて支払えなくなった、独身時代にした借金が残っていることを夫に話せないといった、夫には借金の事を話したくないといった悩み。
男の人に騙されてしまって作った借金を、家族にも誰にも相談できないといった悩み。
専業主婦やパート主婦などで、ほとんど収入がない状態で行き詰ってしまっているといった悩み。
借金を楽にするために債務整理をしようにも、その事で周囲にバレてしまうのではないかと迷っている女性は少なくありません。

 

法律事務所によっては、そういった女性のための債務相談をしてくれる所があります。
周囲にバレないように書類を送る際は必ず本人が受け取れるタイミングにしてくれたり、周囲に分からないよう気遣ってくれたりと、女性の悩みに対応してくれます。

 

例えば、アヴァンス法務事務所はアヴァンス・レディースという女性のための債務整理相談を受け付けてくれています。
対応も女性が行ってくれて、男性には言い辛い話も出来るのです。
さらに、相談は無料で出来ますし、減額報酬といった、報酬が高額になるような事はしていませんので、お金に悩まず債務整理の相談をすることが出来ます。

 

このような法律事務所にお願いして、一刻も早く債務整理に入りましょう。
債務整理をすれば、毎月の支払いも楽になりますし、過払い請求をしてかなりの金額が戻ってくることもあります。
一人で悩むのはもうやめましょう。

 

 

アヴァンスレディース 女性のための借金相談窓口